top of page

腸内環境改善で乳がんを抑える:サプリメント選びが重要な鍵を握る

更新日:2023年5月21日



乳がんと診断され、骨にまで転移が見られた30代の女性のケースを解析しました。彼女は抗がん剤を使用せずに、なんとかがんを抑え込みたいという願いを抱いていました。そこで、専門医のアドバイスを受けることにしました。専門医が勧めたのはフコイダンという特別な低分子化合物でした。



しかし、解析の結果、海藻によって太る細菌の割合が非常に高いことがわかりました。フコイダンはもずくを発酵させたものが原料であり、避ける必要があると判断しました。そこで、代わりにアガリクスとメシマコブのサプリメントを入手し、彼女におすすめしました。驚くことに、彼女の腫瘍マーカーは正常範囲をキープしているのです。


さらに、解析の結果、エクオール産生菌が前回未検出だったのが、数値が上昇してきていました。つまり、腸内細菌から適切なサプリメントを選ぶことができたと言えるのではないでしょうか。


私たちが腸内環境を改善し、がんなどの疾患を予防・抑制するためには、適切なサプリメントの選択が非常に重要です。自身の腸内細菌の特性を把握し、それに合ったサプリメントを選ぶことで、より効率的な結果を得ることができます。腸内細菌は個人の健康状態や食事習慣によって異なるため、一人ひとりに合ったサプリメントを選ぶことが重要なのです。


腸内細菌は私たちの免疫システムや代謝、栄養吸収などに深く関与しています。そのため、乳がんなどの重篤な疾患に対しても、腸内細菌のバランスを整えることは重要な要素となります。



閲覧数:118回0件のコメント

Comments


bottom of page