top of page

長年の別居がもたらす姉妹の腸内細菌の驚くべき共通性

更新日:2023年5月21日


私たちの腸内細菌は、私たちの健康と幸福において重要な役割を果たしています。長年にわたって、違う国で生活している姉妹の腸内細菌について調査を行いました。彼女たちが同じ家で育ち、同じ食事を摂っていた場合は、腸内細菌が似通っていることが知られていますが、では生まれてから15年間は一緒に暮らしていたものの、その後30年以上別々の国で生活していた場合はどうなるのでしょうか?


驚くべきことに、彼女たちの腸内細菌にはかなりの共通点が見られました。まず、彼女たちの腸内のエンテロタイプ(メインになる細菌タイプ)同じでした。これは、長年にわたる別居生活でも腸内細菌の構成に影響を与えなかったことを意味しています。


さらに、驚くべきことに、ビフィズス菌が完全に同じ3種類で同じ菌種であることが判明しました。同様に、ラクトバチルスも姉妹の間で同一種であることがわかりました。

興味深いことに、姉妹はどちらも野菜や果物、発酵食品などを摂取しているにも関わらず、フェカリバクテリウムの存在が非常に低いという共通点がありました。


一方で、口腔内でみられる細菌には相違がみられ、個人のメンテナンスや生活習慣によって左右される可能性が高いと考えました。つまり、腸内細菌の構成は生まれつきの個性に由来するものがあり、個々の人に最適な食事を摂ることが重要であることが明らかになりました。


この研究から得られた情報は、腸内細菌の構成は環境の変化や別居生活によっても影響を受けない部分があったということです。姉妹が長年にわたって別々の国で生活していたにも関わらず、彼女たちの腸内細菌は驚くほど似通っていました。したがって、私たちが健康な腸内環境を維持するためには、生まれつきの個性に合わせた食事習慣を大切にする必要があります。


この研究は、腸内細菌が私たちの健康に与える影響を理解する上で重要な一歩となります。将来的には、私たちの腸内細菌は私たち自身と密接に関連しており、その個性を理解することでより健康な生活を送ることができると考えています。


閲覧数:35回0件のコメント

Comments


bottom of page