top of page

生理と腟炎の関係性:乱れた腟内環境が引き起こすリスク

更新日:2023年5月21日


女性の中で細菌性腟炎が発症する頻度が高いのは、生理中や生理直後であることがよく知られています。しかし、現代の女性は生理の回数が過剰であり、そのため腟内環境が乱れやすくなっています。この状況が腟炎のリスクを増大させる要因となっているのです。


生理前後のホルモンの変動や腟内の pH 値の変化によって、腟内環境は敏感に影響を受けます。腟内細菌のバランスが乱れ、pH 値が通常の5.0を超えると、閉経前の女性におけるヒトパピローマウイルス(HPV)のリスクが10~20%も増加することが明らかになっています。

腟の健康を保つためには腟内環境のバランスを整えることが非常に重要です。定期的な生理による腟内環境の乱れを最小限に抑えるために、生理前後のケアを行うこと、そして腟炎リスクを軽減するには正しい腟ケアを知ることが必要です。


生理の回数が多い現代女性は、腟環境への注意を怠らずに、積極的にケアを行っていくことが大切です。健康な腟を維持することは、女性の全体的な健康と生活の質を向上させることにつながります。



閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page