top of page

猛暑が続く夏!あなたの腸の「SOS」第2弾


猛暑の夏、睡眠不足が腸内環境に与える影響は深刻です。


こう暑い日が続くと、暑さと湿度で、寝室の快適な温度を維持するのが困難になります。

体温が下がりにくいと、深い睡眠に入るのが難しくなります。

またエアコンを利用することで快適に眠れる一方で、冷えすぎたり、乾燥することで目覚めることがあります。

実は、睡眠不足は腸内細菌の多様性やバランスを崩す可能性があります。具体的には、αデイフェンシン(抗菌ペプチド)や腸内細菌から産生される短鎖脂肪酸の量が減少します。

この腸内環境の乱れは、生体リズムに悪影響を及ぼし、睡眠の質を低下させてしまうことも。これも夏の疲れがどんどん溜まる一因とも言えます。


打開策として、減少した短鎖脂肪酸を補い、ストレス応答を緩和する細菌たちを増やす方法が考えられます。


そこで短鎖脂肪酸を補うのについついプロバイオティクスのようなサプリメントを摂取しがちです。

ただ闇雲に選んだサプリメントを摂取しても効果がないことも多いですし、不調の原因になることもあります。


腸内フローラをきちんと調べてからの対策が必要です。


以前のコラムにて、プロバイオティクスや発酵食品に関する詳しい情報も提供しています。


健康な腸内環境を維持するための食事や生活習慣のヒントを、専門家の意見を基に学びましょう。


夏の暑さで疲弊した腸をケアし、新しい季節を迎えるための準備が必要です。


腸内のバランスは全身の健康に影響を及ぼします。

健やかな腸で、新たな季節を迎える準備を始めませんか?


「腸内フローラ検査ドクターズアドバイス付」には、個別に最適化された腸内環境改善ガイドブックがついてきます。



【今月のプロモーション】

期間: 8月11日〜9月10日

腸内フローラ検査をご注文の際に備考欄に"プレゼント希望"と入力してください。

ブースト用腸活サプリメント(¥8000相当)をプレゼント。

検査結果から専門家があなたにぴったりなサプリメントを選びます!



もし腸からのSOSを感じているのなら、すぐにアクションを起こしましょう。


内側から健康に生まれ変われるチャンスです。




閲覧数:42回0件のコメント

コメント


bottom of page