top of page

子供の口腔衛生と母親の役割

むし歯や歯周病は感染症です。

特に、ミュータンス菌という口腔内の細菌は、歯が生え始める頃から歯面に定着し、親から子供にうつることが知られています。もし母親の口腔衛生状態が悪かったり、むし歯が存在していたりすると、ミュータンス菌が多く含まれる口腔内環境が子供に伝播する可能性があります。


実は定期的に歯科医院を受診し口腔衛生を維持している母親は、そうでない母親に比べて子供のむし歯関連細菌の検出率やむし歯の本数が減少することが研究から示されています。

つまり、口腔内の細菌が移動することを考えると、子供のむし歯予防においては、母親だけでなく、育児に関わる養育者も口腔内の清潔さに取り組むことが重要です。


妊娠中は女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の分泌が活発になります。これらのホルモンは歯周病菌の繁殖を促すため、ごくわずかな汚れ(歯垢)や歯石でも歯ぐきの炎症が起こしやすくなると言われています。したがって、妊娠中の口腔衛生には特に注意が必要です。

産後は子育てに忙しくなるかもしれませんが、子供のためにも定期的に歯科を受診しましょう。口腔衛生の良い状態を維持することは、子供の口腔内環境や健康にとって大切な要素です。


母親の積極的なケアが子供の口腔健康をサポートし、将来の健康な歯と良好な口腔状態を築く手助けになります。


子供の口腔衛生を守るために、母親ができることはたくさんあります。

  • 定期的に歯科医院を受診し、口腔衛生状態をチェックする。

  • 正しい方法で歯磨きをする。

  • フッ素入りの歯磨き粉を使用する。

  • 甘い食べ物や甘い飲み物を控える。

  • 水分をこまめに摂取する。

  • 果物や野菜をたくさん食べる。

  • 子供が自分の歯を磨けるようになれば、お手本を見せたり、一緒に磨いたりする。

  • 子供がまだ歯が生えていない場合は、口を拭いたり、ガーゼで歯茎をマッサージしたりする。

母親の口腔衛生状態は、子供の口腔衛生に大きな影響を与えます。母親が自分の口腔の健康に気を配ることで、子供が健康な歯と歯茎を育むことができます。


閲覧数:11回0件のコメント

Comentários


bottom of page