top of page

下痢がもたらす意外な影響!腟内環境の乱れと腸内細菌の関係に迫る

更新日:2023年6月5日



下痢は我々の体に様々な不快感をもたらすだけでなく、下痢によって腸内細菌が腟内にも侵入する可能性があるのです。

腸内環境が乱れることでいわゆる善玉菌と悪玉菌と呼ばれる細菌のバランスが崩れると、腟内環境も大きな影響を受けることが判明しました。

下痢によって腸内細菌が腟内に入り込むと、腟内の微妙なバランスが崩れ、感染症や炎症のリスクが急上昇する可能性があります。

善玉菌の減少によって腟内の酸性度が変化し、悪玉菌の増殖を招くだけでなく、腸内細菌の侵入もさらなるトラブルを引き起こすことが分かっています。


腟内環境の乱れによる症状としては、かゆみ、腫れ、異臭などが挙げられます。さらに、性行為時の不快感や尿路感染症のリスクも高まる可能性があります。


下痢が続く場合は、腸内環境を改善する必要があります。バランスの取れた食事、十分な水分摂取、食生活の改善を心掛けましょう。


もし下痢が続く場合や腟内に異常な症状が現れた場合には、自己判断せずに速やかに医師の診察を受けることをおすすめします。専門家の助言に基づいた適切な治療が必要です。


下痢が腟内環境にもたらす影響は軽視できません。腸内細菌の侵入による環境の乱れは深刻な問題であり、早期対処が重要です。





閲覧数:34回0件のコメント

Comments


bottom of page