top of page

食事に気をつけているのに、太りやすく代謝が悪い

更新日:2023年5月19日




44歳の女性が、食事に気をつけながらもなかなか痩せられず、代謝も悪い状態に悩んでいました。そこで、彼女は自分の腸内環境を改善するため、毎日海藻類を食べるなどして腸活をしていました。


しかし、検査結果を見ると、バクテロイデス・プレビウスという海藻から栄養を吸収できる細菌が非常に高く、ルミノコッカスという糖質を吸収と蓄積をする細菌が高く、ビフィズス菌などは低い状態でした。


解析の結果、少量のお酒でも、プレビウスを増やしてしまっている可能性があることが判明しました。また、毎日とっていた海藻が太りやすい原因となっていることもわかりました。そこで、腸内環境を改善するためには、海藻を控えて、植物性発酵食品を摂取することが必要だということがわかりました。


ビフィズス菌やフェカリ菌が飲酒の影響を受けて、増えにくくなっていたことも明らかになりました。そこで、お酒を控えることも、腸内環境を整える上で重要だということがわかりました。


食事に気をつけているのに、太りやすいと悩んでいる方は、腸内環境を見直すことをおすすめします。自分に合った食生活を見つけ、腸内環境を整えることで、健康的な体を手に入れることができます。

閲覧数:20回0件のコメント

Comments


bottom of page