top of page

コロナが重症化したケース

更新日:2023年5月19日


腸内フローラの健康維持は、身体全体の健康に深く関わることが分かっています。そこで、スープ機を使って栄養たっぷりの野菜、きのこ、果物などを中心に食事をしていた52歳の女性の症例を見てみましょう。


彼女の腸内フローラにはフェカリバクテリウムが半分以上を占め、ビフィズス菌、乳酸菌、エクオール産生菌やその他代謝を上げる細菌なども、とても低い状態であることが解析で分かりました。


これは、フェカリバクテリウムが多すぎるため、多様性のある腸内環境が保てず、病気のリスクが上がってしまっている可能性があります。また、この状態では加点要素であるA判定を取ることができてしまうため、腸内フローラの状態を見極めるためには解析が欠かせません。


腸内フローラを健康な状態に保つためには、多様性のある食事を心がけ、乳酸菌やビフィズス菌を含む発酵食品の摂取も適度に必要です。また、腸内環境を整えるためには適度な運動やストレスマネジメントも重要です。しっかりと腸内環境を整え、身体全体の健康を保ちましょう。

閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page